英会話は何歳から始めるべき?早い方がいいのですか?

子供が英会話を始める TOPIC

英会話は何歳から始めるべき?早い方がいいのですか?

近年、英語学習の重要性が高まっており、子どもの頃から英会話を始めたいと考える親御さんも多いのではないでしょうか。しかし、英会話を始める時期はいつがベストなのか、早い方がいいのか迷う方も多いと思います。

この記事では、英会話を始める時期のメリット・デメリットを、脳科学や教育学の観点から解説します。また、子どもの英語学習に適した学習方法についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

英会話は何歳から始めるべき?

幼児の英語学習

近年、英語学習の重要性が高まっており、子どもの頃から英会話を始めたいと考える親御さんも多いのではないでしょうか。しかし、英会話を始める時期はいつがベストなのか、早い方がいいのか迷う方も多いと思います。

この記事では、英会話を始める時期のメリット・デメリットを、脳科学や教育学の観点から解説します。また、子どもの英語学習に適した学習方法についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

0~5歳は英語習得の「黄金期」

英会話を始める最適な時期は、一般的に「0~5歳」とされています。この時期は、言語習得に関わる脳の発達が活発で、英語の音やリズム、イントネーションを自然に吸収しやすいと言われています。また、日本語の母語習得も完了していないため、英語を第二言語として身につけることに抵抗が少なく、ネイティブの発音に近い発音を習得しやすいというメリットもあります。

ただし、0~5歳の子どもは、まだ集中力が続かなかったり、自分の意思をうまく伝えられなかったりすることもあります。そのため、英語に触れる機会をたくさん設けてあげることや、子どもの興味や関心に合わせて学習内容を工夫することが大切です。

また、最近では小学校から英語の授業が必修化されています。そのため、7歳以降から英会話を始めても、学校での英語学習に遅れを取ることはありません。ただし、早期に英語に触れることで、英語の基礎を身につけ、英語学習の習慣を身につけることができます。

このように、英会話を始める時期には、メリットとデメリットの両方があります。子どもの興味や関心、英語学習の目的などを考慮して、最適な時期を決めるとよいでしょう。

具体的な学習方法としては、以下のような方法が挙げられます。

  • 英会話教室に通う
  • オンライン英会話でレッスンを受ける
  • 英語の絵本や動画を見る
  • 英語の歌やゲームをする

子どもの興味や関心に合わせて、楽しく英語に触れられるような学習方法を探してみてください。

7歳以降からでも遅れを取らない

7歳以降から英会話を始めても、学校での英語学習に遅れを取ることはありません。

近年では、小学校から英語の授業が必修化されています。そのため、7歳以降から英会話を始めても、学校で基本的な英語の知識やスキルを身につけることができます。

また、7歳以降になると、日本語の母語習得が完了し、英語を第二言語として身につけることに抵抗が少なくなります。そのため、英語を「楽しい」と感じて、継続して学習しやすくなるというメリットもあります。

ただし、早期に英語に触れることで、英語の基礎を身につけ、英語学習の習慣を身につけることができます。

英語の基礎を身につけることで、学校での英語学習の理解が深まり、より高いレベルの英語力を身につけやすくなります。また、英語学習の習慣を身につけることで、将来にわたって英語を学び続けるモチベーションを維持しやすくなります。

そのため、英語をできるだけ早く学びたい場合は、0~5歳の「黄金期」に始めるのが理想的です。しかし、7歳以降からでも、しっかりと学習すれば、遅れを取らずに英語力を身につけることができます。

子供の早い時期から英会話の勉強をやって日本語の方は大丈夫?

子供の早い時期から英会話の勉強をしても、日本語の方は大丈夫です。むしろ、早期に英語に触れることで、日本語の習得にも良い影響を与える可能性があります。

言語習得に関わる脳の発達は、生後から急速に進み、5歳までにピークを迎えるとされています。そのため、0~5歳は英語習得の「黄金期」と言われており、この時期に英語に触れることで、ネイティブの発音に近い発音を習得しやすくなるというメリットがあります。また、日本語の母語習得も完了していないため、英語を第二言語として身につけることに抵抗が少なく、英語を「楽しい」と感じることが多いようです。

しかし、0~5歳の子どもは、まだ集中力が続かなかったり、自分の意思をうまく伝えられなかったりすることもあります。そのため、英語に触れる機会をたくさん設けてあげることや、子どもの興味や関心に合わせて学習内容を工夫することが大切です。

また、最近では小学校から英語の授業が必修化されています。そのため、7歳以降から英会話を始めても、学校での英語学習に遅れを取ることはありません。ただし、早期に英語に触れることで、英語の基礎を身につけ、英語学習の習慣を身につけることができます。

具体的には、以下の点に注意するとよいでしょう。

  • 英語と日本語を混同しないように注意する
  • 英語を勉強する時間を決めて、無理のない範囲で続ける
  • 子どもの興味や関心に合わせて、楽しく学べる教材や学習方法を選ぶ

また、以下のような学習方法もおすすめです。

  • 英語の絵本や動画を見せる
  • 英語の歌やゲームをする
  • 英語で話しかける
  • 英語圏の人と交流する機会を作る

子どもが英語を楽しんで学べるように、親御さんがサポートしてあげましょう。

メリット・デメリットを踏まえて最適な時期を決める

英会話を始める時期には、メリットとデメリットの両方があります。

メリット

  • 0~5歳は言語習得の「黄金期」であり、英語の音やリズム、イントネーションを自然に吸収しやすい。
  • 日本語の母語習得も完了していないため、英語を第二言語として身につけることに抵抗が少なく、英語を「楽しい」と感じることが多い。

デメリット

  • 0~5歳の子どもは、まだ集中力が続かなかったり、自分の意思をうまく伝えられなかったりすることがある。
  • 英語に触れる機会をたくさん設けてあげることや、子どもの興味や関心に合わせて学習内容を工夫することが大切。

最適な時期

このように、英会話を始める時期は、子どもの興味や関心、英語学習の目的などを考慮して、最適な時期を決めるとよいでしょう。

具体的な判断基準

以下のような点を参考に、子どもに最適な時期を判断してみてください。

  • 子どもの英語への興味や関心
  • 子どもの集中力や理解力
  • 家庭の経済状況
  • 英語学習の目的(将来の進路など)

子どもが英語に興味を示し始めたら

子どもが英語に興味を示し始めたら、早めに英語に触れる機会を増やしてあげましょう。英語の絵本や動画を見せたり、英語の歌やゲームを一緒にしたりするのもおすすめです。

また、英会話教室やオンライン英会話など、専門的な学習を始めるのもよいでしょう。ただし、子どもの興味や関心を無理やり押し付けないように注意しましょう。

子どもが楽しく英語を学ぶことができれば、自然と英語力が身につくはずです。

2人に1人が何歳から英語を始めている?本当ですか?

リセマムの調査によると、2018年時点で、英語を習っている子どものうち、2人に1人が0歳から英語を始めています。また、1歳未満から英語を始めている子どもも49.7%と、半数近くにのぼっています。

子どもに英語を習わせている家庭の子どもの2人に1人が0歳から英語を習いはじめていることが、カラダノートが2018年11月22日に発表した「子どもの英語習得に関する意識調査」の結果より明らかとなった。

英語を習っている子ども、2人に1人が0歳から | リセマム
子どもに英語を習わせている家庭の子どもの2人に1人が0歳から英語を習いはじめていることが、カラダノートが2018年11月22日に発表した「子どもの英語習得に関する意識調査」の結果より明らかとなった。
引用元:リセマム

この背景には、英語の重要性に対する認識の高まりや、英語学習の早期化が進んでいることが挙げられます。また、近年では、0歳から英語を学べる幼児向け英会話教室やオンライン英会話サービスも増えており、親御さんが英語教育に前向きになっていることも影響していると考えられます。

ただし、英語を始める時期は、子どもの興味や関心、英語学習の目的などを考慮して、最適な時期を決めることが大切です。0~5歳は言語習得の「黄金期」と言われており、英語の音やリズム、イントネーションを自然に吸収しやすいというメリットがあります。しかし、0~5歳の子どもは、まだ集中力が続かなかったり、自分の意思をうまく伝えられなかったりすることもあります。そのため、英語に触れる機会をたくさん設けてあげることや、子どもの興味や関心に合わせて学習内容を工夫することが大切です。

記事のまとめ:英会話は何歳から始めるべき?

言語習得に関わる脳の発達は、生後から急速に進み、5歳までにピークを迎えるとされています。そのため、0~5歳は英語習得の「黄金期」と言われており、この時期に英語に触れることで、ネイティブの発音に近い発音を習得しやすくなるというメリットがあります。また、日本語の母語習得も完了していないため、英語を第二言語として身につけることに抵抗が少なく、英語を「楽しい」と感じることが多いようです。

しかし、0~5歳の子どもは、まだ集中力が続かなかったり、自分の意思をうまく伝えられなかったりすることもあります。そのため、英語に触れる機会をたくさん設けてあげることや、子どもの興味や関心に合わせて学習内容を工夫することが大切です。

また、最近では小学校から英語の授業が必修化されています。そのため、7歳以降から英会話を始めても、学校での英語学習に遅れを取ることはありません。ただし、早期に英語に触れることで、英語の基礎を身につけ、英語学習の習慣を身につけることができます。

子どもが英語に興味を示し始めたら、早めに英語に触れる機会を増やしてあげましょう。英語の絵本や動画を見せたり、英語の歌やゲームを一緒にしたりするのもおすすめです。

また、英会話教室やオンライン英会話など、専門的な学習を始めるのもよいでしょう。ただし、子どもの興味や関心を無理やり押し付けないように注意しましょう。

子どもが楽しく英語を学ぶことができれば、自然と英語力が身につくはずです。

【関連記事】

タイトルとURLをコピーしました